次は、君たちだ。

12.20[FRI]ROADSHOW

UPDATE

  • 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~

INTRODUCTION

原作シリーズ累計2200万部超!世界を席巻するヒロアカ、待望の最新作!!

2014年、堀越耕平が「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載を開始して以来、
現在までにコミックスシリーズ累計発行部数2200万部突破という人気を誇る
「僕のヒーローアカデミア」、通称“ヒロアカ”。
総人口の約8割が超常能力“個性”を持って生まれる世界で、
人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中、
“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(デク)が
一人前のヒーローを目指して成長していく姿を描く物語は、
多くの共感と興奮を呼び、連載当初より人気が沸騰。
2016年からTVアニメがスタート、現在までに計3シーズンが放送され、
今年10月より第4期 が放送となる。
2018年には初となる劇場版が公開、観客動員130万人超の大ヒットを記録した。
さらに“ヒロアカ”の人気は日本に留まらず、北米、ヨーロッパ、アジアと
今や世界中へと大きな広がりを見せている。
そんな大きな波とうねりを受けて、
世界中のファン待望の劇場版最新作の制作がついに決定した。

雄英高校1年A組全員集結。

最凶の敵、《ナイン》に立ち向かえー。

「次は、君たちだ。」原作者・堀越耕平が「原作の最終決戦でやりたかった」と語る、ファン必見の超胸アツストーリー!!

本作では、デク・爆豪・お茶子・轟ら、
雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒たちが全員集結。
全世界の人々がその存在に憧れるも、惜しまれつつヒーロー活動を引退した
“平和の象徴”オールマイトに代わり、
ある事件で暗躍し、圧倒的な強さを誇る、
シリーズ史上最凶の敵<ヴィラン>・ナインに立ち向かう。
そのストーリーは、本作の総監修・キャラクター原案も手掛ける
原作者・堀越耕平が、「原作の最終決戦でやりたかった」と語る、
ファンならずとも必見の、想像をはるかに超える興奮と感動の一大巨編だ。

平成から令和へと時代が受け継がれた2019年。
“人々を守る”ヒーローもまた、新たな世代がその意志を受け継いでいく。

HEROES:RISING−ヒーローズ:ライジング−新時代のヒーローたちの躍動を、その目で見届けよ。

COMMENT

原作・総監修・キャラクター原案
堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

今回の映画はある種ヒロアカ最終回とも言えます。
というのも、原作の最終決戦でやりたかったネタの一つをこの映画で使っているからです。
そんなことして原作の方は大丈夫なのか!?と思われた方、安心してください。僕も心配です。
前回の映画でオールマイトとデク、師弟の共闘という考え得る限り最強のネタを披露してしまったので、そのハードルを超える映画にしなくてはならなかったのです。困ったものです。
これを超える展開は恐らくもうないと思うので、第3弾はないでしょう。多分。
というわけで僕のヒーローアカデミア映画第2弾、前回よりもPLUS ULTRAしておりますのでどうぞお楽しみに!!

制作決定時コメント

観て下さった皆さんのおかげで一生に一回が二回に、そしてデクたちが再び銀幕で活躍できる事になりました。
感謝の気持ちを劇場でお返しできるようできる限り頑張ります!