僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE WORLD HEROES’MISSION ワールドヒーローズミッション

世界を救え。
不可能を超えろ。
週刊少年ジャンプが誇るヒーローの金字塔、超待望の第3弾!
SHARE
Twitter
Facebook
LINE

TRAILERWORLD HEROES' MISSION

再生

PLAY TRAILER

He will meet "the three Musketeers".

INTRODUCTIONWORLD HEROES' MISSION

原作シリーズ世界累計5000万部突破!
日本を越え世界を席巻する“ヒロアカ”、
待望の劇場版・第3弾…!

2014年に堀越耕平が「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載を開始して以来、コミックスシリーズ世界累計5000万部突破という圧倒的な人気を誇る『僕のヒーローアカデミア』、通称“ヒロアカ”。
舞台は総人口の約8割が超常能力“個性”を持つ世界。事故や災害、そして“個性”を悪用する犯罪者・敵<ヴィラン>から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中、“無個性”で生まれた主人公・緑谷出久(デク)が、最高のヒーローを目指してヒーロー輩出の名門校で成長していく姿を描く物語は、多くの共感と興奮を呼び、週刊少年ジャンプのヒーローとして、国内外で揺るぎない金字塔を打ち立てている。

2016年に始まったTVアニメシリーズは、3月27日(土)から第5期の放送がスタート!映画シーンにおいても2018年の劇場版第1弾、翌19年第2弾ともに興行収入17億円を超えるスマッシュヒットを記録。人気は国内に留まらず、北中南米、欧州、アジアと、今や日本を代表するコンテンツとして世界中へ大きな広がりを見せている。そんな世界のファン待望の劇場版第3弾が、前作をさらにPLUS ULTRAしたスケールで、この夏スクリーンに!

ついに舞台は、海を越えて全世界へ!
ヒロアカ史上最大のミッションに
ヒーローたちが立ち向かう――

本作では、冬のヒーローインターン中に巻き起こる劇場版オリジナルのストーリーが描かれる。世界中の“個性”保持者の殲滅を目論む謎の集団・ヒューマライズから人々を救うため、全世界からプロヒーローが集結し<世界選抜ヒーローチーム>を結成。インターン中だったデク・爆豪・轟をはじめ、雄英高校ヒーロー科の生徒達もメンバーとして加わり、プロヒーローたちと共に世界の危機に立ち向かう。

人類滅亡のカウントダウンが迫る中、彼らは世界の未来を守ることが出来るのか――

前作に続き、原作者・堀越耕平が総監修&キャラクター原案を手掛けた超胸アツな本作。

ヒロアカ史上最大のスケールに、この夏、心震わせよ。

STORYWORLD HEROES' MISSION

世界中の“個性”保持者の殲滅を目論む謎の組織・ヒューマライズ。
彼らが各国に仕掛けた、“個性”を暴走させ崩壊に導く爆弾<個性因子誘発爆弾イディオトリガーボム>から人々を救うため、世界選抜ヒーローチームが結成。世界各国のプロヒーローと、ヒーロー事務所でインターン中だった雄英高校ヒーロー科が招集され、各地で爆弾の回収任務にあたっていた。

エンデヴァー事務所でインターン中のデク・爆豪・轟の3人も、日本から遠く離れた国<オセオン>で作戦行動中、ある事件に巻き込まれたデクがなんと全国指名手配…!事件をきっかけに出会った運び屋の少年・ロディとともに、オセオン警察、そして謎のヴィランからも命を狙われることに――
その影でひっそりと動き出す巨大な陰謀。

そのとき、ヒューマライズの指導者フレクト・ターンからの犯行声明が全世界に届く――

「タイムリミットは今から2時間」

世界中で発生するパニック、刻一刻と迫りくる滅亡の瞬間。
ヒーローチームは絶体絶命の状況下で、危険を顧みずに各地の爆弾の回収に向かう――

ヒロアカ史上最大の危機を前に、世界の、そしてヒーロー達の未来が、“彼ら”に託された。

COMMENTWORLD HEROES' MISSION

原作者 堀越耕平

映画第3弾をやってもらえる運びとなりました!デクたちを応援し続けてくれてありがとうございます!第2弾発表の時に「もう映画は無いでしょう」的なコメントを出していたのですが、ありました。
多くの方に支えられております。
もうどの方角にも足を向けて寝られないので逆立ちで寝るしかない。



ロディ・ソウル 吉沢亮

この度「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」にて、ロディ・ソウル役で参加させて頂くこととなりました。大好きなヒロアカ。その世界に自分も存在できるという事実に相当興奮してます。色んな所でヒロアカ愛語って良かった!届いた!計画通り!情熱とユーモア溢れる素晴らしい世界観を壊さぬよう、至らぬところだらけではございますが、しっかりキャラクターを落とし込んで挑みたいと思います。どうぞお手柔らかに。